館山の旬の魚に出会う。
花しぶきの真骨頂

TATEYAMA’S BEST SEAFOOD

ゲストを思い浮かべながら、美味しい料理を作るのは当たり前。
花しぶきでは、ゲストの美味しい笑顔を思い浮かべながら
「魚を仕入れる」ところからがおもてなしのスタートです。
「海鮮料理旅館」の底力をお腹いっぱい堪能してください。

究極鮮度の味わいをご堪能いただきます

自社保有の定置網漁船から直送された旬の地魚や、伝統の海老網漁で獲れた地物・伊勢海老など
美味しい食材盛りだくさん!料理を彩る野菜にも、農家さん直送の地野菜を使用しています。

Amimoto Declaration

自分の網と船で毎朝魚を獲る「漁船直結」! 網元だから出来る究極鮮度の魚料理

花しぶきリゾートには旅館や飲食店の展開以外に、何と!漁業を専業にしている「(株)こがね水産」があります。この部門では、地元・館山市内にある「伊戸漁港」・「西岬漁港」の2 つの港に、2 隻の定置網漁船を保有し、「お客様にどこよりも新鮮で美味しい魚を妥協なく提供したい」という熱い情熱で、毎朝漁に出掛けています。水揚げされた鮮魚は鮮度を全く落とすことなく、水揚げ後1 時間以内に厨房へと届けられます。市場を介したり、入札をしたりする無駄な時間を一切そぎ落とした、「網元」ならではの究極の仕入れ「漁船直結」を実現しています。

花しぶきリゾート×漁船×定置網

自分の漁船を駆り、自分の定置網で海に挑む。食べてくれるお客様の美味しい笑顔をを想いながら、魚を獲る。それは、海の底からはじまる、私たち花しぶきリゾートのおもてなしの一環なのです。

究極の鮮度!「水揚げ・即・厨房

高度なスキルを駆使して魚を水揚げする漁師さんたちも全員が花しぶきリゾートのメンバー!水揚げ後の魚は港ですばやく仕分けされ、花しぶきリゾートの各店舗まで活きたまま運ばれます。私たちが提供する魚の美味しさの秘密はまさにここにあります。

花しぶき 料理長 池田 俊也

食材の宝庫、南房総・館山の極上旬素材や全国の旬食材を活かした
花しぶきの新しい美食の世界を皆様にお楽しみいただきます。
「繊細で、四季の彩りを美しく演出する」ことをコンセプトに
四季折々の料理を展開してまいります。どうぞご期待ください。

Profile
北海道生まれ。高校卒業後、日本一の旅館として名高い石川県の加賀屋に入社、料理の世界に飛び込む。26歳の時、異例の若さで「台湾加賀屋」の総料理長に大抜擢、大きな話題をさらった。その後、北海道の超人気ホテル「阿寒湖 鶴雅ウィングス」の料理長を経て、花しぶきリゾートの古民家レストラン「季の音」の副料理長として迎えられ、活躍の場を千葉県館山に移す。そして2016年夏、晴れて「花しぶき」の料理長に就任。就任後、花しぶき名物となる「金目鯛琥珀煮」や「マイプリン」を開発する。現在に至る。
image
image
image
image
  • 和モダンの上質な雰囲気の中で、美味しいひとときを

    木の設えを大切にした和モダンなデザインとスタイリッシュな間接照明が美味しい夕食のひとときをムード満点に演出してくれます。海の景色を最大限に取り入れた開放的な空間と、会話も弾む適度なプライベート感を両立させた新感覚のダイニングです。

  • ライブ感あふれるオープンキッチンから出来立てお料理を

    ダイニングの中心に大きく設けられたオープンキッチン。料理人のパフォーマンスはもちろん、出来立て、アツアツのお料理をお客様の席までダイレクトでご提供するサービスも実施いたします。

花のおもてなし

【ダイニングにて】

  • 乾杯用のファーストドリンクを無料サービス

    乾杯用のファーストドリンクを無料サービス

    お客さまが席に着いてから、すぐにお食事をスタート出来るように、乾杯用のファーストドリンクの無料サービスをご用意しております。ミニ生ビールや季節のカクテル、ソフトドリンクなど数種類の中からお好みのものをお選びいただけます。

  • 「食事がもっと自由になる」 フリータイムシステム

    「食事がもっと自由になる」 フリータイムシステム

    「チェックインの際に夕食の時間を決める」。旅館業界では当たり前のように行なわれてきたシステムを、花しぶきは見直すことにしました。【規定時間内のお好きな時間にダイニングにお越しいただき、夕食を開始】する自由で新しい、お客さま本位のシステムを採用しております。